Unicycle Story~一輪車の轍~

2人の息子が一輪車演技を通して成長していく過程を記録しておきたい父親の日記です(^^)/

小学生大会ビギナーの部

ウチの次男、あゆとは今回の小学生大会、ビギナーの部で出場します。

ビギナーの部は確か昨年から設けられたと記憶してますが、

昨年は豊田からもビギナーの部に1チーム出場しました。

しかし、ビギナーと言いつつも技レベルが高く、

大きい子がジャンプホップでジャンジャン飛び跳ねるような演技が結構ありました。

個人的に


「あれもビギナーなの?同じ部に出場する低学年主体のチームとか可哀そう!」


と思っていました。

一般的なイメージでは、ビギナーっていうと一輪車に乗り始めて1~2年位のまだまだ技が未熟なレベルだとおもうんだけど、その意味では明らかにビギナーのレベルを超えた演技だったと思います。


そういう風に思った方が多かったのか、そういう声が協会に届いたのかは分かりませんが、

今回の大会からはビギナーの部に技の制限がかかりました。

具体的には立ち技は手無し立ちグラ(前進)まで、という感じで。


これ、非常に良いと思います!その理由は、

・学年の制限は無いけど、技の制限があるため、低学年も高学年もある程度同じ土俵で競い合える。

・「難しい技が出来ないと大会に出ることが出来ない」っていう概念がなくなると、一輪車の普及の裾野が広がる(と思う)

・かといって、手無し立ちグラやスピン、グライディング位の技レベルは要求されるので、構成や振付によってはビギナーの部であっても見応えのある演技作りは出来る。

・ビギナーの部に出場する選手にとって、例えば同じ2年の経験者なら、6年生は「2年生の子に負けられないぞ!」、2年生の子は「6年生にだって勝てるかも」と、モチベーションが保てる(と思う)

・S・Lクラスは技の制限なし、学年も無差別だから、「今はビギナーでも来年はS・Lに出るぞ!」という目標が立てやすい。


ざっと思う浮かぶだけでこんなところかな?

でも良い面だけあげても物事進歩しないので、敢えて悪い面も考えてみる。


んー・・・(´・ω・`)


悪い面ある?(笑)

重箱の隅つつくようなこと言うと、


・最初からビギナーの部にエントリーしたチームと、S・Lの落選チームがビギナーの部に出る場合だと、後者のほうが基礎は出来上がってる?

・同じレベルで低学年と高学年のチームだと、高学年チームの方がダイナミックに見えてしまう?


うーん、デメリットというまではいかないな!

メリットの方が圧倒的にあると思います!


なによりこのルールを全日本で取り入れてくれたことが嬉しいな


でもこうなると、ますます全日本ソロの男子に関してもカテゴリ欲しくなるな~(^_^;)

全国的にもっともっと男子選手の数が増えてくれることを望みます

北九州の一輪車姉妹

ネットニュースで見つけました。

北九州医生丘一輪車クラブから18日の全国小学生大会に出場する姉妹のニュースです。

動画はこちら↓




ペアでは福岡県からは初出場になるんですね!
是非頑張っていただきたいです
一輪車競技人口が増えてきた中でも、姉妹で大会に出れるって、本当に特別なことだと思います。

ウチの兄弟は4つ歳が離れてるから、ペア組めると妄想したとして(笑)、
もう小学生大会は無理だし、全国大会の中学の部も無理、
高校以上で組めるとしたら何年後だ?
いつかは見てみたいな~、兄弟ペア
でも・・・練習の段階で絶対に喧嘩するの目に見えてるな(;^_^A

てか上の動画、突然和大が出てきてびっくりした(笑)
そっか、指導に行ってたんだね。
これはますます楽しみ

リーダーとは

先日、ふてくされた様子で、

「お父さん、話ある(`・д・´)」

って来たななと。
話を聞くと、どうやらこういうことらしい。

ななとは小学生一輪車チームのリーダーをやらせていただいてます。
要は何かチームで問題があった時に、自分は悪いことしてないのにリーダーだからという理由で怒られるのが納得いかない!とのこと(笑)

なるほどね~。大人の世界だったら

「リーダーなんだから当たり前だろ!」

で、終わる話かもしれないけど、そこは小学生の世界。
リーダーというのはチームのまとめ役、司令塔。
時には自分が悪くなくても、

「まとめ役のリーダーがリーダーの仕事してないじゃないか!」

という意味で怒られることもある。
それは、本当はリーダーが注意するべきことを注意していなかったからかもしれないし、
自分ではそう思っていなくても、大人から見たら怒られるようなことをしてたかもしれない。
みんなをまとめて怒るよりも、リーダーに言って、メンバーに伝えてもらった方が良いケースもある。
色んなことを考えて大人は注意するんだけど、
ななと個人を怒ったんじゃなくて、「リーダーだから」怒られたんであって、
例えば違う人がリーダーだったら、その人が怒られてたはず。
ただ、やっぱりリーダーってのは何のためにいるのかってことを考えてほしいな。
副リーダーもいるんだから、二人で決めていけばいいことだしね。
全部答え教えてもいいけど、「何がダメだったのか」「じゃあ今度からどうすればいいのか」。
こういうことを自分から考える機会だし、考えられる人になってくれ!

でも、あんまりふてくされてたから、

「それ言われるの嫌なんだったらリーダー辞めたらいいんじゃない?」

って言ってしまったことは反省
つい言っちゃったけど、ななとは「辞めれば?」って言って欲しかったんじゃないんだよな。
むしろそんなつもりは毛頭なくて、納得いかないことがあって悩んでただけ、か聞いて欲しかっただけかもしれないのに・・・ごめんね。

演技は多少出来て、大人から見ても「大人っぽい」って演技することもあるけど、
中身は小学6年生。
まだたった11歳ってことを忘れちゃいけない。
と、改めて考えさせられた事件?でした。
一緒に成長していこう!

Unicon18~まとめ~

演技以外の国際大会のことについてのまとめ。


・横断幕まで作ってくれての大勢でのお見送り。感謝!
・東京までの新幹線で早速夏休みの宿題を広げる中学生。
・ななとも広げたけどすぐに止めた(笑)
・成田東武ホテルエアポートのバイキングはタラバガニが食べ放題。
・ななと飛行機初体験。
・一輪車は大型手荷物へ。
DSC_0564
・私が手荷物検査で2回も引っかかる。
・アムステルダムまで約11時間のフライト。ほとんど寝なかった。
・各座席にテレビがついてて映画とか見れる。が、画質はそんなに良くなかった。
・アムステルダム到着。空港職員が日本人だと分かると「POKEMONGO!」と言ってくる。
・アムステルダムで乗り継ぎのため5時間の待ち時間。ピザが大きくて美味しかった。
・ビルバオ空港までは2時間くらいだったけど、ほとんど寝てた。
・空港で荷物は無事受け取ったけど、一輪車袋は雨で汚れたのか、ビッチャビチャになってた。
・ビルバオ空港からホテルまでバスで約一時間。到着は夜中0時過ぎてた。
・サンセバスチャンの街並みに感動。
DSC_0698
・海外レンタルWiFiルータはホントに役立った!電波入らないとこなかったし、ホテルのフリーWiFiより速いし、電池は一日持つし、一番役に立った!
・ホテルの近くにスーパーやコインランドリー発見!最後までお世話になる。
・ホテルから会場まで徒歩で約15分。海外の選手は一輪車に乗って移動してた。
・会場まで公園通るんだけど、海外のバスケチームと一緒に遊んでもらって交流。
_20160730_131742

・持って行ったチキンラーメンやアルファ米も役立った。
・団体終わってから日本人ガイドさんにサンセバスチャンの観光に連れて行ってもらう。
・バスク地方の「ありがとう」は「エスケリカスコ」。「私はななとです」は「メジャモ、ナナト」と言う。
・みんなで45分の礼拝に参加。
・コンチャ湾ではしゃぐ。
1472051192537
・ケーブルカーでコンチャ湾を一望できる展望台モンテイゲルドへ。
・展望台には遊園地があってジェットコースターなんかで遊びまくる。
・買い物する時、100ユーロ札は嫌がられる。
・ここで飲んだビールは最高だった!(笑)
・帰りはバーでピンチョスを食べる。めちゃウマ!
DSC_0643
・ななとは団体の前日、前々日の練習で急に「足が痛い!」と2日連続で泣きだす。
・他の日本人選手とも仲良くなり、同じホテル内で部屋に遊びに行ったり、写真撮ったり、うるさすぎて注意することも(笑)
・部屋の中に鍵置いたまま部屋出てオートロックかけちゃったななと。一人でフロントに行き、カタコトの英語とジェスチャーで見事合鍵を作ってもらう(笑)
「部屋のキー、ガチャガチャガチャ!オーマイガー!」みたいな。通じるもんだね~(笑)
・最後の方でもう一回コンチャ湾へ行く。今度は晴天!
・泳ぐ予定はなかったんだけど、最終的にみんなシャツのまま泳ぎまくる(笑)
・最終日、パエリアパーティーで食べたパエリアは絶品だった!
・日本選手団のTシャツは交換目的として大人気だった。
・帰りは夜中3時50分頃ホテルを出発。バスの運転が粗すぎてみんなバス酔いする。
・8月9日、朝8時40分頃成田空港着。
・空港内で久々の日本食に感動。
・東京駅までのリムジンバスがほぼ満席で、急遽成田エクスプレスで移動。みんな爆睡。
・新幹線で3時間。また電車を乗り継いで一時間、午後7時ちょい過ぎ、ようやく弘前駅到着。ここまでサンセバスチャンで宿泊してたホテルから約24時間(乗り継ぎの待ち時間とか入れて)の大移動。
・そんな広くない弘前駅のロビーにすごいお出迎えの人数!今度も新しい横断幕まで用意してくれてた!
・午後8時過ぎ、無事自宅着。次の日仕事だったから死んだように寝ました(笑)

以上!はぁ~書くのも疲れた!
もっとあるけど、これだけ書いておけば後々見た時に記憶が蘇るでしょ。
2年後の国際大会は韓国。
日本は近いから沢山出場希望する選手いるだろうな~。
そうなるとまずは予選会・・・
ま、先の事はまだ考えないでおこう!(笑)

ひとまずこれで国際大会の振り返りはおしまい。
次からは、やっと現在進行形の記事になりそうです(*´∇`*)

Unicon18~14歳以下ペア~

団体の興奮冷めやらぬ次の日8月5日。
ななとは最後の出場種目となるペア演技の日。

ペアは1年上の女の子とで、最初はディズニーのホール・ニュー・ワールドが絶対に良い!
と思ってたんだけど、この歌、どう編集しても規定の2分に納めることが出来なったから断念(笑)
歌詞の意味とか曲の繋がり無視すれば出来たけど、そこは譲れず
他にも2・3曲候補があっての、最終的には監督が決めた「A Lover's Concerto」に。
私も昔から好きな曲だったし

↓サラ・ヴォーンの「A Lover's Concerto」の動画です。



衣装のイメージは最初から白でしたが、
私の思いつきでななとの胸ポケットに小さな花束を入れ、
演技の終わりにそれを差し出して女の子が受け取るっていうのをどうしてもやりたくなった(笑)
全日本ならやらないけど、国際ならありかなと

男女ペアだから


「そこは見つめ合って!お互いの顔をちゃんと見て!」


っていうのはもちろん出てくるんだけど、そこは絶賛反抗期&思春期に足を踏み入れてるななと。
まー、見ないね!(笑)
照れてる場合じゃねーっつーの!(゚Д゚)ゴルァ!!
男女ペアだからこそ、その表情が武器になるのに~(*・ε・*)
まぁ、大会近づくにつれてやるようにはなってきたけどね~

本番は見せ場のジャンプホップ(ジャンスタ)で落車(しかも審査員のど真ん前で)。
全体を通した雰囲気(音楽の解釈)とかは良かったと思うんだけど、
やっぱり優勝した先輩チームに比べると振付と構成が弱かったかな?

しかし2位のドイツペアとは、


ペア得点

2位のドイツのペアとは、最終的な得点の割合は一緒だったんだけど、
その場合はテクニカルの点数が優先されるため、結果は3位に。
惜しかったなぁ~(;´Д`)

それでも、出場した3種目全てでメダルを頂くことが出来たので、ななとにとっては自信になったし、今後に繋がる結果になったと思います

1470729949595

白い衣装ね~、日焼けしてなきゃもっと良かったのに(笑)
学校でプールとかあるとしかたない

Unicon18 Small Groupe Expertの部で2位を頂きました☆
下のインタビュー動画ではななとが(不完全な)英語で自己紹介も♪
ご訪問ありがとうございます♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

リンク集の最新更新情報です
最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ホール・ニュー・ワールド(日本語)
  • 小学生大会降り返り2017
  • 小学生大会降り返り2017
  • 小学生大会降り返り2017
  • 小学生大会降り返り2017
  • 入賞おめでとう!
  • 入賞おめでとう!
  • 入賞おめでとう!
  • 入賞おめでとう!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
一輪車の轍
  • ライブドアブログ