Unicycle Story~一輪車の轍~

2人の息子が一輪車演技を通して成長していく過程を記録しておきたい父親の日記です(^^)/

2018年03月

ユニダン振り返り

先日終了したユニダン。結果記事はこちら↓

ユニダン2018結果


豊田は優勝をいただくことが出来ました
ウチに関して言えば、今年はあゆとも出場しており、兄弟が同じチームで賞を頂いたのは初めてなので、喜びも2倍です
地元の新聞記事はこちら↓

全日本一輪車競技大会舞台演技部門


今年は映画「タイタニック」の舞台化。
ななとが映画観たことないから観たいって言うから、DVDをレンタルしてきて、何年かぶりに家族でタイタニックの映画を観ました。
やっぱ最後で泣ける
てかこの頃のディカプリオどんだけかっこいいんだ(笑)
去年の「風に立つライオン」も映画観て気持ち入ったし、やっぱり演じるテーマの元となる物語は知っておいたほうが良いと思います。

この大会はフロアの大会と違って、演技にテーマがあって、照明があって、10分も演じることが出来ます。
今回の各チームのテーマで言うと、豊田は「夢~逢いたい~路」。
準優勝の白百合保育園さんは「魔法使いの弟子」。
3位の東部児童センターさんは「小夜時雨」。
フロアの大会だと使用曲を知らないと(知っててもそうかな?)曲調と演技が合っているか、や技に目が行くと思いますが、テーマを謳っていると、そのテーマをどう演じるのかという観る楽しみが生まれます。
中には使用曲も含めて、「ん?これテーマと噛み合ってるのかな?」と思う演技もありますが、
ピタっとはまった時にはゾクゾクする位感動しますし、「そうきたか~(表現したか~)」とびっくりすることもあります

また、同じチームに社会人と小学生の低学年とか小さい子が混合することも出来るので、特に「小さい子の動かし方」はすごく観ていて楽しい部分です
演技のアクセントとして暗い舞台をランタン持って歩いたり、お母さん役の大きいお姉さんに手を引かれてあどけなさを演出したりといった具合です。

それと、衣装と化粧も凄いです!
毎回凄いと思いますが、特に白百合保育園さんは毎年目を奪われます。
時にはシューズまでペイントすることも(!)

まだあった(笑)
審査員に一輪車関係ではない方が入っているのも特徴ですね。
今回で言うと5人中3人は協会指導員の方。
もう二方はどちらも国際的に音楽と演劇の世界で活躍されている方。
舞台演技とはなんぞや?となった時に演劇の観点での視点はかなり重要になると思います。


と言うわけで、何回も言いますけど、本当にフロアの大会とは全く違う雰囲気の演技が繰り広げられますので、まだご覧になったことの無いかたは是非一度足を運んでいただきたい大会です
もしくは出場してください!青森は遠いし、時期が受験や卒業シーズンなのがネックですが
前日には交流会もあって、思い出に残る大会にもなりますよ

私は今回、舞台に映像を投影するプロジェクターの補助(操作は専門の方が行います)の係でしたが、これも良い経験をさせて頂きました。
全部書くと長くなるのでこの辺で(笑)

最後に、特別出演で鰺ヶ沢町のみなみ保育園のみなさんが演技してくださいましたが、正直この演技が一番泣けましたホントに。
小さい子が一生懸命に演技するとこんなに感動を呼ぶものなんですね。
心温まる時間をありがとうございました

検索してみたら、みなみ保育園さんのブログがあったので、ご紹介しておきます↓

つくし会のブログ(みなみ保育園全日本一輪車大会特別出演)



また来年も感動の舞台になることを期待しています


DSC_2183

ユニダン2018結果

本日、全日本一輪車競技大会舞台演技部門である、

2018 All JAPAN Uni-dancing Competition

が行われました。
結果は以下の通りです。


《審査員特別賞》
みやぞの一輪車クラブ(青森県弘前市)

《The Third Artistic Stage》
東部児童センター(青森県弘前市)

《The Second Artistic Stage》
白百合保育園一輪車クラブ(秋田県秋田市)

《The Best Artistic Stage》
豊田児童センター(青森県弘前市)


詳しい感想などはまた後日アップしたいと思います。

取り急ぎの結果速報でした(*^^*)

DSC_2188

国際大会国内予選

今月の1日に発表されたものなので、少し古い話題になりますが、

国際大会の国内予選がある種目が発表されました。
リンクはこちら↓

予選出場選手及び出場確定選手一覧

まずウチのななとに関しては、ペアJr.エキスパートとグループのJr.Sが予選無しとなり、出場が確定しました。
絶対予選になると思ってて演技作ってましたが、辞退された方がいるのかな?これは安堵しました

グループのLにもメンバー入りしていますが、こちらは予選有り。
5団体の中から3団体が選ばれるようですが、それでもグループSの3団体の中から1団体という状況に比べればまだ希望は大きい方なのかな・・・

確率だけ見れば一番厳しいのは男子のエキスパートですね。
国内大会だと部門が分かれているアーティスティック系の選手とエクストリーム系の選手が一緒の基準でどう審査されるのか、しがらみのない一輪車ファンとしては楽しみなところだと思いますが、豊田の選手もエントリーしているので、何とか予選を通過して本戦に進んでもらいたいところです。

全体のスペイン大会で、同じフリースタイルでもやってることは全然違うのを観て何か違和感を感じてましたが、

「何でもありなのがフリースタイルだから」


というのを聞いて妙に納得した覚えがあります(笑)

もちろん審査の基準はありますが、日本で主流の流れるような演技構成と、一つ一つの技を見せるのに時間をかける構成、フロアの端から一輪車引きずってきて、演技開始まで10分位かけてた選手もいたり、団体なんだけど横一列に並んで一人ずつ前に出てきて一人ずつ技の披露、その他の選手は拍手とかで観客を煽って盛り上げるスタイルとか、ホントに様々で、観客としては素直にとても面白いものでしたが、

「これ、ウチ(豊田)の審査どう見られるんだ?


とは思ってました
当時の記事にも書いたけど、諸外国の構成とは全く違うので、演技が終わってスタンディングオベーションを頂いた時に「このスタイルは通用するな」って思いましたが、審査する方は大変だったと思います。

話は戻りますが、そんな要素も含まれてる国内予選、選手名を見ると名だたる有名選手が名を連ねています。
誰が予選を通っても他国に負けない活躍をしてくれると思いますね!

日本から世界チャンピョンが生まれることを祈っています

「わっち!!」出演

地元ローカルのテレビ番組ですが、夕方の情報番組、ATV青森テレビの「わっち!!」に豊田児童センター一輪車クラブが出演しました。

DSC_21671


生中継で今月18日に開催される「ALL Japan Uni-dancing Competition」の宣伝が主でした

合間に豊澤先生のソロ演技や、小学生チームの演技も少し披露できました。

たまたまインタビューが回ってきたあゆと。

「夢ってある?」

の質問に、

「世界の大会で優勝したいです」

と答えてました。

DSC_2165

台本があったのかな?と思いましたが、

確認したところ、ちゃんと自分の考えで発言したとのこと(笑)

木村監督も番組の中で、

「努力次第ですね」

と言ってましたが、正にその通り。

練習は嘘つかない。

努力に勝る才能無し。

一生懸命頑張って、夢を叶えて欲しいです

Unicon19 Large Groupe 優勝しました☆
Unicon19 Pairs Junior Expert 準優勝を頂きました♪
Unicon18 Small Groupe Expertの部で2位を頂きました☆
下のインタビュー動画ではななとが(不完全な)英語で自己紹介も♪
ご訪問ありがとうございます♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

リンク集の最新更新情報です
最新コメント
プロフィール

ななとパパ

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 第63回 市民総合体育大会 運動会
  • 一輪車のキャップ
  • 一輪車のキャップ
  • Unicon19~ペアジュニアエキスパート~
  • Unicon19~ペアジュニアエキスパート~
  • Unicon19~ペアジュニアエキスパート~
  • Unicon19~ペアジュニアエキスパート~
  • Unicon19~男子ソロジュニアエキスパート~
  • Unicon19~男子ソロジュニアエキスパート~
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
一輪車の轍
記事検索
  • ライブドアブログ