Unicycle Story~一輪車の轍~

2人の息子が一輪車演技を通して成長していく過程を記録しておきたい父親の日記です(^^)/

一輪車

小学生大会壮行式~泣いてる場合じゃない~

昨日は今月17日に迎える全国小学生大会の壮行式が行われました。

まずはあゆとが出場する小4以下のペア。
壮行式は小学校の体育館をお借りして行いました。
いつも狭い児童センターの遊戯室で練習することが多かったので、案の上広く使いすぎて演技が遅れ気味に
落車はあったけど、目標としてた見せ場の技は決めることが出来たので、二人にとっては自信に繋がったと思います。
いや、何でも無いとこでの落車もダメなんだけどね(^_^;)

それと誤解のないように言っておくと、児童センターの遊戯室が狭いのは「演技をするには狭い」ってことで、普段ボールとかやるには全然狭くないですよ!むしろ広いくらいです!


それから団体。
こちらも多少の落車はあったものの迫力のある演技となり、3年生が入ってるとはいえ、高学年主体のチームにも引けをとらないと思うので、本番が楽しみです

壮行式が終わってから何回か団体演技を行いましたが、
何回目かな?終盤までノーミスできた時にあゆとが落車してしまいました。
そこから演技終了まで泣き顔になるあゆと。

監督もいるし言わないでおこうとしましたが、我慢出来ずに


「あゆと!こけて悔しいはんでって演技中にそったの顔さ出すな!!



と叫んでしまいました。

一人そんなのがいると演技がぶち壊しになる曲だし、表現力だ作品の魅力だなんてあゆとの泣き顔が気になってそれどころじゃなくなっちゃう。
ってことはチームの全員に迷惑をかけることになる。
実際何人も演技観てたけど、

「あ、あゆと泣いてる」

って思ったはずだし。

あゆとには帰りの車の中で、

「演技中に泣くのは絶対にダメ!落車よりもダメ!泣くなら演技終わって退場してからにしなさい。
泣いてる暇あったら1秒でも早く演技に戻ること考えなきゃいけないし、演技が終わるまでは集中して曲の世界に入ってなきゃダメだからね。それが演技するっていうことだからね!
・・・でも一回経験したからもう大丈夫だよね?
落車しても誰も責めないから、堂々と、自信持って演技してこい!泣いてた方が責められるぞ!」


とは言っておきましたが、これ、ホントに練習で体験しておいて良かったと思います。
本番であれやってたら目も当てられない。

この可能性はあゆとに限らず、(ノーミスを目指す)気持ちのある子ども達にとっては全員に起こりえることなので、敢えてあゆとを叫んだんだぞ。
そのくらいで気持ちが折れない、言われたことはしっかり頭にいれて次に活かせる子だってことは親が一番分かってるから。

時に甘く時に厳しく。
泣いたあゆとを見て、優勝も大事だけど、

「それだけ本人は一生懸命、死ぬ気で取り組んでるんだよなぁ。」

と、一輪車演技をやる上で一番大切なこと、「心の成長」をちょっぴり感じた壮行式となりました。


その意味では、泣かなかったら泣かなかったで、

「みんなに迷惑かけて悔しくねーのかバカ野郎っ!!」

とか言ってたかもしれない(笑)

全国小学生大会出場決定!

今週、ビデオ審査の結果が届いた全国小学生一輪車大会。

ウチのあゆとは団体とペア(小学4年生以下の部)に出場が決定しました

ビデオ撮りも大分苦労したので、一安心です

今月末の全日本大会が終わってからが本格的な練習になるかな?

ペアに出る以上は技の種類を増やさないといけないので、今月は技連月間にしようと思ってます

どうせ出るなら当然良い成績狙いたいので、前の大会のビデオとか見て研究して、

小学生らしい活き活きとした演技を目標に頑張ってもらわないと!


全日本に出るような大きいお兄さんお姉さんの演技をマネすることなく、

この歳にしか出来ない表現、可愛らしさとかあると思うので、

そういうのを大事に、でも見ごたえのある演技を目指して頑張ります(頑張らさせます笑)

一輪車習って役に立つ?

いつも思い出した時に、「一輪車」で検索かけて、ブログの話題(ネタ)を探しているのですが、こんな記事を見かけました。

習い事、一輪車ってなんの役に立つの?と言われたら

なるほどね~、そんなこと言われたことないから考えたことも無かった(笑)
一輪車が身近なものになってから、子どもが成長するのを見てきたり、自分が感動したり、良い面が多すぎるので言いたいことは沢山ありますが、
この相談者の方は、マイナーな一輪車を習わせるなんて意味のない無駄なことより、野球とか水泳とか将来役に立つ(スポーツ推薦もらったり、オリンピックがあったり)ものをやらせたほうが良いと言われ、「何と言い返したらよいか?」と尋ねているようなので、それに関してはこう言い返したらどうでしょう?

「要は子どもの意志は無視して金になりそうなことをやらせろってことですね?」

と。
ホントは言い返す必要なんてないんだけどね、そんなこと言う非常識軍団に関わるの面倒だから(笑)
そもそも子どものやりたいことを叶えてあげてる素敵な相談者さんなのに、他の人にそんなこと言われて恥ずかしいと思うのがまず間違いですよ。

習い始めたばかりなら知らないで当然ですが、一輪車を長く続けてれば良いことは沢山あります!
レースではなく演技のようですので、

・基本は団体競技なので、社会性が身に付きます(これは野球とかも一緒ですよね)
・衣装作りなどで他のスポーツ以上に親の関わりが強い⇒親子の絆アップ!親も一緒に楽しめて成長出来ます
・当然基礎体力も向上します
・進学や就職で一輪車が有利に働いた人は沢山います
・全日本大会があり、国際大会も隔年で開催されていて、多くの日本人選手が活躍しています
・大会に出場しなくても、発表会やイベント出演など、演技披露の場は作れます

そして、将来のことで言えば、

シルク・ドゥ・ソレイユに招かれて活躍してる人もいます
・テレビタレントになった人もいます
・俳優になった人もいます
・映画に出演したチームもあります
・テレビ番組に出演したチームもあります(これは多数有り)
・海外のテレビ番組に呼ばれた人もいます
・ディズニーランドで演技したチームもあります
・多くの芸術分野とコラボする機会もあり、その芸術性は高く評価されています
・競技人口が増えているので、指導者として活躍することも出来ます

なにより、

・一輪車をやってきた子は、大人になっても幸せに過ごしてますよ

と言いたいです!
あくまでも私の知るところでの範囲の話ですけど(^_^;)

「でもプロじゃないし、お金にはならないよね?」

と言われたら確かにその通りです。
でもそこはお金に幸せを見い出すか、好きなことをやることに幸せを見出すか、だと思います。
野球にしても最初から将来大成することが分かっててやらせる親なんていないですよね。
あのイチロー選手もそう。
親が無理やりやらせたわけではなくて、小さい頃におもちゃとして買ってもらった野球道具がきっかけで野球が「好きになり」、そのまま続けてきた、とインタビューなどで語っています。
そうなんです、

「好きこそものの上手なれ」

好きなことをやらなければ何をやっても伸びるわけがないし、それこそ無駄な時間を過ごすことになりますよ。
だから子どものやりたいことを後押しして見守るのが親の務めだと思います。

ウチも息子達に「一輪車やれ」なんて言ったことは一回もありません。
本人達がやりたいって言うから一生懸命応援してるだけ。

このまま大きくなって、仮に一輪車から離れたとしても、今夢中になって取り組んでいることは、きっと良い思い出になって、多くの仲間と笑いながら話せるような日が来る。
それがどんなに幸せなことか、気づかない人は気づかないんだろうな~。

と、そんなことを改めて気づかされた記事でしたね。

今の冬休み、毎日私が仕事行く時に子ども達も児童センターに歩いて出ていきますが、

「気をつけて行けよ。頑張ってこいよ!」

と声をかけ、

「うん、行ってきます!」

と歩いて出ていく息子たちの背中の頼もしいこと。


一輪車は決して、いや絶対に恥ずかしい習い事ではありませんよ!(#^.^#)

17-01-12-12-23-57-109_deco

↑写真は去年の国際大会から。
こうやって仲間と手を繋いで演技することも一輪車の良いとこだと思います。


※ちなみにこの相談者さんに返信するには登録が必要なんですね。
あまり使わないIDとかは増やしたくないし、他の方の返信読んでたら、同じような考えの方が沢山いるので安心かな?

ザ・一輪車総練習

一昨日の日曜日は11月3日に行われる一輪車演技発表会「ザ・一輪車」の総練習でした。
今更ながらなんてど直球なタイトルなんだろう(笑)

豊田児童センターと東部児童センターの合同発表会になるので、
両クラブ員が集合しましたが、どちらもクラブ員数が60人を超えているので、かなりの人数です!
一番大変なのは衣装のお母さん方。
人数が多いし、低学年はおしゃべり多いわでてんやわんや?てんてこまい?(どっちも言い回しが古い)の様子でした(^_^;)
演技はみんな伸び伸び出来ていて、まだ未完成な部分もありますが、本番が楽しみな構成です

衣装のお母さんが、

「ななと、国際の衣装もう小さくなってるんだってー!」

と言ってましたが、よく見てみるとホントだ、演技してる時あんなにズボンのベルト部分見えてなかったのに、かなり見えるようになってる!
もうちょいで国際から3カ月だもんね、親としては成長が嬉しいけど、衣装としては大変だ(笑)

それからびっくりしたのが、中学生の男子が演技中に転んだのですが、どう転んだんだろ?着地する時に一輪車のポスト踏むような形で着地したのか、それとも踏んではないけど衝撃でそうなったのか、チタン素材のシートポストがくの字型に曲がってしまいました!

sketch-1477280998021
↑こんな感じで。
こんなの初めて見たな~、チタンは強いと思ってたけど、一カ所にかなりの負荷がかかったんだろうね。
これ、直るのかな?
ネットで調べたらチタンは戻る力が鉄の2倍はあって、曲がっても元に戻りやすい金属ですって書いてたのはあったけど、戻ればいいけど、戻っても強度が落ちるとかじゃダメだしな~。
最悪買い替えにならなきゃいいけど・・・。

こういう物損に対しての保険ってあるのか?
ちょっと調べておこうと思います。
買えば高い買いものになりますからね

一輪車は安全な乗り物か

sketch-1476800103798
ネットで一輪車の安全性に書いてる記事は結構あります。
中には「安全性はとても高いんですよ」という記事も。
でも、個人的に安全性が高いと言えるのは、初心者のうちだけだと思います。
初心者の方が何故安全か。それはスピードが出ないから。
手すりや誰かに手を貸してもらって前に進む練習をしている段階、もしくは少し走れるようになった位のところでは、自分の足で走ってて転ぶのと大差ないんじゃないかと思います。
もちろん、受け身も取れず顔からバーン!っていけば話は別ですけど、初心者でヘルメット、肘・膝サポーター着けて乗ってる分には、傷害保険に加入するほどの心配はいらないでしょう。
大概は青たんや擦り傷程度で済むことが多いのでは?
ウチのあゆとは足がアザだらけです(^_^;)

一輪車で怪我が多くなるのは、十分にスピードを出して走れるようになってからだと思います。
それも接触事故。
怪我の箇所は統計とったわけじゃないけど、恐らく手首が一番多いのでは?
演技をされてるチームであれば必ず経験したことあると思いますが、
例えばループをするために何人かで手を繋いで走っている最中に先頭の子が転ぶと、それに突っ込むように後ろの数人が転びながら被さってきます。
もしくはバックで走ってて、後ろに誰かが居たのに気付かず、衝突。
で、転んだ際に身を守ろうとしてとっさに手をつく。
これが原因で骨を折ったり、骨にひびが入ったり、もしくは変に足をひねるとアキレス腱切ったり。
時には一人で技練してる時にとんでもない転び方して、

「危ないっ!Σ(゚ロ゚;)」


って叫んだことある経験は、保護者さんや監督さんは絶対あるんじゃないかと思います。

ループで全力で走ってる時って時速何km位出てるんだろ?
近くを走っていくとすごい風がきますよね。
あのスピードで転んで多重事故みたいになったら怪我しないほうがおかしいですもん。
まあ、だからこそ基礎練が大事だし、お互いを信頼してなきゃ出来ないし、その信頼関係(人間関係)を育んでいけるっていうメリットこそ、団体演技の最大の魅力だとは思いますが

結論。
一輪車は完全なる安全性を確保出来るものではありません。
むしろ上手になるにつれ、怪我のリスクは高まります。


一輪車やらない方から見ても「そりゃそうだろう」ってことになると思います。
ただ走っても転んで怪我することあるのに、あんな不安定な乗り物で走って転んで怪我しないわけない!
小学1年の小さい子と高校生の大きい子が転ぶのじゃ衝撃も違うしね。
少し考えれば分かるから、大人は簡単に「一輪車に乗ってみるか!」とはならないですし、
実際に怪我した選手も数多くいることと思います。
長年やってると大会や発表会の前に怪我したなんてことも多々耳にします。

でも、そんなことは何のスポーツであっても同じです。
怪我のリスクのないスポーツなんてありえないです。
大事なのは、「怪我に備えておくこと」

転んだときに頭を打ってぐったりしている。
明らかに骨折っぽい。
↑こんな場合は躊躇せず救急車を呼びましょう!
素人判断で様子みたり、スマホで「こんなときは?」って検索してる暇があったら救急車呼んだほうが良いです。

後は少しでも怪我の対処法の知識を入れておくと良いと思います。
例えばこちらのリンク↓

怪我をした時のRICE処置

こういうのを読んでおくだけでも違うと思います。
それからスポーツ保険とか傷害保険もあったほうが良いですよね。
練習前の柔軟は当然やらなきゃダメですし。
他にもやれることはあると思いますが、話が脱線したので元に戻します(笑)

とにかく、これから一輪車を初めてみようかな?っていう人には、

「一輪車って気をつけて乗れば意外と安全なんだよ」

って言うよりは、

「一輪車は当然ケガする可能性あるから十分な注意が必要だけど、乗れるようになったら絶対に楽しいよ!」

と、ある程度の危険性はキチンと伝えつつ、その先にある楽しさのことも触れて頂くと良いのではと思います


最近、ななとと同じチームの子が怪我をしたので、
自分への戒めの意味も込めて、書き留めてみました。
無駄に長くなっちゃったけど(笑)
Unicon18 Small Groupe Expertの部で2位を頂きました☆
下のインタビュー動画ではななとが(不完全な)英語で自己紹介も♪
ご訪問ありがとうございます♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

リンク集の最新更新情報です
最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • ホール・ニュー・ワールド(日本語)
  • 小学生大会降り返り2017
  • 小学生大会降り返り2017
  • 小学生大会降り返り2017
  • 小学生大会降り返り2017
  • 入賞おめでとう!
  • 入賞おめでとう!
  • 入賞おめでとう!
  • 入賞おめでとう!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
一輪車の轍
  • ライブドアブログ