Unicycle Story~一輪車の轍~

2人の息子が一輪車演技を通して成長していく過程を記録しておきたい父親の日記です(^^)/

一輪車

ユニダン振り返り

先日終了したユニダン。結果記事はこちら↓

ユニダン2018結果


豊田は優勝をいただくことが出来ました
ウチに関して言えば、今年はあゆとも出場しており、兄弟が同じチームで賞を頂いたのは初めてなので、喜びも2倍です
地元の新聞記事はこちら↓

全日本一輪車競技大会舞台演技部門


今年は映画「タイタニック」の舞台化。
ななとが映画観たことないから観たいって言うから、DVDをレンタルしてきて、何年かぶりに家族でタイタニックの映画を観ました。
やっぱ最後で泣ける
てかこの頃のディカプリオどんだけかっこいいんだ(笑)
去年の「風に立つライオン」も映画観て気持ち入ったし、やっぱり演じるテーマの元となる物語は知っておいたほうが良いと思います。

この大会はフロアの大会と違って、演技にテーマがあって、照明があって、10分も演じることが出来ます。
今回の各チームのテーマで言うと、豊田は「夢~逢いたい~路」。
準優勝の白百合保育園さんは「魔法使いの弟子」。
3位の東部児童センターさんは「小夜時雨」。
フロアの大会だと使用曲を知らないと(知っててもそうかな?)曲調と演技が合っているか、や技に目が行くと思いますが、テーマを謳っていると、そのテーマをどう演じるのかという観る楽しみが生まれます。
中には使用曲も含めて、「ん?これテーマと噛み合ってるのかな?」と思う演技もありますが、
ピタっとはまった時にはゾクゾクする位感動しますし、「そうきたか~(表現したか~)」とびっくりすることもあります

また、同じチームに社会人と小学生の低学年とか小さい子が混合することも出来るので、特に「小さい子の動かし方」はすごく観ていて楽しい部分です
演技のアクセントとして暗い舞台をランタン持って歩いたり、お母さん役の大きいお姉さんに手を引かれてあどけなさを演出したりといった具合です。

それと、衣装と化粧も凄いです!
毎回凄いと思いますが、特に白百合保育園さんは毎年目を奪われます。
時にはシューズまでペイントすることも(!)

まだあった(笑)
審査員に一輪車関係ではない方が入っているのも特徴ですね。
今回で言うと5人中3人は協会指導員の方。
もう二方はどちらも国際的に音楽と演劇の世界で活躍されている方。
舞台演技とはなんぞや?となった時に演劇の観点での視点はかなり重要になると思います。


と言うわけで、何回も言いますけど、本当にフロアの大会とは全く違う雰囲気の演技が繰り広げられますので、まだご覧になったことの無いかたは是非一度足を運んでいただきたい大会です
もしくは出場してください!青森は遠いし、時期が受験や卒業シーズンなのがネックですが
前日には交流会もあって、思い出に残る大会にもなりますよ

私は今回、舞台に映像を投影するプロジェクターの補助(操作は専門の方が行います)の係でしたが、これも良い経験をさせて頂きました。
全部書くと長くなるのでこの辺で(笑)

最後に、特別出演で鰺ヶ沢町のみなみ保育園のみなさんが演技してくださいましたが、正直この演技が一番泣けましたホントに。
小さい子が一生懸命に演技するとこんなに感動を呼ぶものなんですね。
心温まる時間をありがとうございました

検索してみたら、みなみ保育園さんのブログがあったので、ご紹介しておきます↓

つくし会のブログ(みなみ保育園全日本一輪車大会特別出演)



また来年も感動の舞台になることを期待しています


DSC_2183

舞台アレコ、終わりました

バレエ「アレコ」のために描かれたマルク・シャガールの舞台背景画が全4点、四方に展示されている青森県立美術館の「アレコホール」。

アレコホールがどんなところか知りたい方はこちらをクリック→アレコホール

圧倒的な迫力の舞台背景画に囲まれたかなり広い空間です。
この場所で、アレコの原作である、アレクサンドル・プーシキンの長編叙情詩「シプシー」を現代風にアレンジした舞台が行われ、豊田児童センター一輪車クラブも出演しました。

_20180204_104336


一輪車は豊田の他に、北海道の「UCフロンティア札幌」さん、岩手県の「ЁHATOV」さんも出演されました。

舞台の内容は極簡単に言えば、ジプシーの娘「ゼンフィーラ」とその母「マリウーラ」の語りを中心に、ゼンフィーラとマリウーラの心をダンスや一輪車で表現する、という感じです。

こういうのっていくら文章で長々書いても伝わらないですよね(^_^;)
映像があれば一番良いんですけど・・・

豊田は男子5人、女子5人の10人。
ノンストップで17分位の長い演技でしたが、旗も使い、素晴らしい照明のもと、一瞬も目が離せない構成で、観ている人の心に突き刺さる、迫力の演技でした。

このような素晴らしい機会に恵まれ、ななとは幸せなヤツです。
ご関係の皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました!!


そして休む間もなく、今度はユニダンの練習ですね。
国際もあるし期末テストもやってくるし(笑)
自分で好きでやってることなんだから、言い訳しないで全てのことに全力で頑張れっ!




小学生大会壮行式~泣いてる場合じゃない~

昨日は今月17日に迎える全国小学生大会の壮行式が行われました。

まずはあゆとが出場する小4以下のペア。
壮行式は小学校の体育館をお借りして行いました。
いつも狭い児童センターの遊戯室で練習することが多かったので、案の上広く使いすぎて演技が遅れ気味に
落車はあったけど、目標としてた見せ場の技は決めることが出来たので、二人にとっては自信に繋がったと思います。
いや、何でも無いとこでの落車もダメなんだけどね(^_^;)

それと誤解のないように言っておくと、児童センターの遊戯室が狭いのは「演技をするには狭い」ってことで、普段ボールとかやるには全然狭くないですよ!むしろ広いくらいです!


それから団体。
こちらも多少の落車はあったものの迫力のある演技となり、3年生が入ってるとはいえ、高学年主体のチームにも引けをとらないと思うので、本番が楽しみです

壮行式が終わってから何回か団体演技を行いましたが、
何回目かな?終盤までノーミスできた時にあゆとが落車してしまいました。
そこから演技終了まで泣き顔になるあゆと。

監督もいるし言わないでおこうとしましたが、我慢出来ずに


「あゆと!こけて悔しいはんでって演技中にそったの顔さ出すな!!



と叫んでしまいました。

一人そんなのがいると演技がぶち壊しになる曲だし、表現力だ作品の魅力だなんてあゆとの泣き顔が気になってそれどころじゃなくなっちゃう。
ってことはチームの全員に迷惑をかけることになる。
実際何人も演技観てたけど、

「あ、あゆと泣いてる」

って思ったはずだし。

あゆとには帰りの車の中で、

「演技中に泣くのは絶対にダメ!落車よりもダメ!泣くなら演技終わって退場してからにしなさい。
泣いてる暇あったら1秒でも早く演技に戻ること考えなきゃいけないし、演技が終わるまでは集中して曲の世界に入ってなきゃダメだからね。それが演技するっていうことだからね!
・・・でも一回経験したからもう大丈夫だよね?
落車しても誰も責めないから、堂々と、自信持って演技してこい!泣いてた方が責められるぞ!」


とは言っておきましたが、これ、ホントに練習で体験しておいて良かったと思います。
本番であれやってたら目も当てられない。

この可能性はあゆとに限らず、(ノーミスを目指す)気持ちのある子ども達にとっては全員に起こりえることなので、敢えてあゆとを叫んだんだぞ。
そのくらいで気持ちが折れない、言われたことはしっかり頭にいれて次に活かせる子だってことは親が一番分かってるから。

時に甘く時に厳しく。
泣いたあゆとを見て、優勝も大事だけど、

「それだけ本人は一生懸命、死ぬ気で取り組んでるんだよなぁ。」

と、一輪車演技をやる上で一番大切なこと、「心の成長」をちょっぴり感じた壮行式となりました。


その意味では、泣かなかったら泣かなかったで、

「みんなに迷惑かけて悔しくねーのかバカ野郎っ!!」

とか言ってたかもしれない(笑)

全国小学生大会出場決定!

今週、ビデオ審査の結果が届いた全国小学生一輪車大会。

ウチのあゆとは団体とペア(小学4年生以下の部)に出場が決定しました

ビデオ撮りも大分苦労したので、一安心です

今月末の全日本大会が終わってからが本格的な練習になるかな?

ペアに出る以上は技の種類を増やさないといけないので、今月は技連月間にしようと思ってます

どうせ出るなら当然良い成績狙いたいので、前の大会のビデオとか見て研究して、

小学生らしい活き活きとした演技を目標に頑張ってもらわないと!


全日本に出るような大きいお兄さんお姉さんの演技をマネすることなく、

この歳にしか出来ない表現、可愛らしさとかあると思うので、

そういうのを大事に、でも見ごたえのある演技を目指して頑張ります(頑張らさせます笑)

一輪車習って役に立つ?

いつも思い出した時に、「一輪車」で検索かけて、ブログの話題(ネタ)を探しているのですが、こんな記事を見かけました。

習い事、一輪車ってなんの役に立つの?と言われたら

なるほどね~、そんなこと言われたことないから考えたことも無かった(笑)
一輪車が身近なものになってから、子どもが成長するのを見てきたり、自分が感動したり、良い面が多すぎるので言いたいことは沢山ありますが、
この相談者の方は、マイナーな一輪車を習わせるなんて意味のない無駄なことより、野球とか水泳とか将来役に立つ(スポーツ推薦もらったり、オリンピックがあったり)ものをやらせたほうが良いと言われ、「何と言い返したらよいか?」と尋ねているようなので、それに関してはこう言い返したらどうでしょう?

「要は子どもの意志は無視して金になりそうなことをやらせろってことですね?」

と。
ホントは言い返す必要なんてないんだけどね、そんなこと言う非常識軍団に関わるの面倒だから(笑)
そもそも子どものやりたいことを叶えてあげてる素敵な相談者さんなのに、他の人にそんなこと言われて恥ずかしいと思うのがまず間違いですよ。

習い始めたばかりなら知らないで当然ですが、一輪車を長く続けてれば良いことは沢山あります!
レースではなく演技のようですので、

・基本は団体競技なので、社会性が身に付きます(これは野球とかも一緒ですよね)
・衣装作りなどで他のスポーツ以上に親の関わりが強い⇒親子の絆アップ!親も一緒に楽しめて成長出来ます
・当然基礎体力も向上します
・進学や就職で一輪車が有利に働いた人は沢山います
・全日本大会があり、国際大会も隔年で開催されていて、多くの日本人選手が活躍しています
・大会に出場しなくても、発表会やイベント出演など、演技披露の場は作れます

そして、将来のことで言えば、

シルク・ドゥ・ソレイユに招かれて活躍してる人もいます
・テレビタレントになった人もいます
・俳優になった人もいます
・映画に出演したチームもあります
・テレビ番組に出演したチームもあります(これは多数有り)
・海外のテレビ番組に呼ばれた人もいます
・ディズニーランドで演技したチームもあります
・多くの芸術分野とコラボする機会もあり、その芸術性は高く評価されています
・競技人口が増えているので、指導者として活躍することも出来ます

なにより、

・一輪車をやってきた子は、大人になっても幸せに過ごしてますよ

と言いたいです!
あくまでも私の知るところでの範囲の話ですけど(^_^;)

「でもプロじゃないし、お金にはならないよね?」

と言われたら確かにその通りです。
でもそこはお金に幸せを見い出すか、好きなことをやることに幸せを見出すか、だと思います。
野球にしても最初から将来大成することが分かっててやらせる親なんていないですよね。
あのイチロー選手もそう。
親が無理やりやらせたわけではなくて、小さい頃におもちゃとして買ってもらった野球道具がきっかけで野球が「好きになり」、そのまま続けてきた、とインタビューなどで語っています。
そうなんです、

「好きこそものの上手なれ」

好きなことをやらなければ何をやっても伸びるわけがないし、それこそ無駄な時間を過ごすことになりますよ。
だから子どものやりたいことを後押しして見守るのが親の務めだと思います。

ウチも息子達に「一輪車やれ」なんて言ったことは一回もありません。
本人達がやりたいって言うから一生懸命応援してるだけ。

このまま大きくなって、仮に一輪車から離れたとしても、今夢中になって取り組んでいることは、きっと良い思い出になって、多くの仲間と笑いながら話せるような日が来る。
それがどんなに幸せなことか、気づかない人は気づかないんだろうな~。

と、そんなことを改めて気づかされた記事でしたね。

今の冬休み、毎日私が仕事行く時に子ども達も児童センターに歩いて出ていきますが、

「気をつけて行けよ。頑張ってこいよ!」

と声をかけ、

「うん、行ってきます!」

と歩いて出ていく息子たちの背中の頼もしいこと。


一輪車は決して、いや絶対に恥ずかしい習い事ではありませんよ!(#^.^#)

17-01-12-12-23-57-109_deco

↑写真は去年の国際大会から。
こうやって仲間と手を繋いで演技することも一輪車の良いとこだと思います。


※ちなみにこの相談者さんに返信するには登録が必要なんですね。
あまり使わないIDとかは増やしたくないし、他の方の返信読んでたら、同じような考えの方が沢山いるので安心かな?
Unicon18 Small Groupe Expertの部で2位を頂きました☆
下のインタビュー動画ではななとが(不完全な)英語で自己紹介も♪
ご訪問ありがとうございます♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

リンク集の最新更新情報です
最新コメント
プロフィール

ななとパパ

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 改造ギャルスニーカー
  • 改造ギャルスニーカー
  • 改造ギャルスニーカー
  • ユニダン振り返り
  • ユニダン2018結果
  • 「わっち!!」出演
  • 「わっち!!」出演
  • 羽生選手おめでとう!
  •  Uni-dancing Competition 2018
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
一輪車の轍
記事検索
  • ライブドアブログ