一輪車演技をする選手御用達のスニーカー、

ムーンスターのギャルスニーカー

↑上のリンクはムーンスターの公式サイト。

今日はこのギャルスニーカー(通称ギャルスニ)の紐の結び方について書いてみます!
なんてマニアックな話題(笑)

と言っても、実は同じ豊田の子ども達の結び方すら気にして見たことないので、ウチのななとの場合、です。

ギャルスニを履くようになってから、最初の頃は私が紐を通してやってあげてましたが、
その時の通し方が、「パラレル」という通し方。
ビジネスシューズとかスニーカーでも使用される割とポピュラーなやり方らしく、
見た目が綺麗なのでこれでやってました。

「靴紐 パラレル」

で検索すると沢山結び方を解説しているサイトがあります。
こちら参考までに↓

パラレルの結び方

で、最初の頃はパラレルで紐を通して、最後余った紐は蝶々結びにして、パラレルで出来た輪っかの部分?に収納する、ということをしてました。
図解するとこんな感じです↓

新規ドキュメント 2017-02-06_1

こうしておくと紐がほどけてタイヤに絡まる心配もないってことでやってたようですが、これ、地味に面倒臭いんです(笑)
一輪車に乗ってて「紐が緩くなったから締め直したい」ってなった時がとにかく面倒!
やってみれば分かりますが、最後蝶々結びしたものを通す作業がかなり面倒なんです(^_^;)

というわけで、面倒臭がりのななと。
今はどうしているかというと、

パラレルと蝶々結びまでは変わりありませんが、

17-02-06-11-44-47-972_deco

↑こんな感じで蝶々結びしたものを更にもう1回普通に結んで完成!としています。
完成図がこちら↓

DSC_1160


蝶々結びだけで終わってしまうとほどけやすいし、車輪に絡まる危険性があるので、何かしらの対策は必須ですが、こうしておくとほどけにくいし、結び目も小さくなるので絡まる危険性も減る・・・ようです。
以前大会(だったと思うけど、何かの発表会だったかも)で靴紐だったと思うけど、衣装だったかな?が、演技中に車輪に絡まって演技中断になったのを見たことがあります。
それで転んで大怪我ってこともありえるので、余った紐の処理はキチンとしておきたいものです。

結び直しもある程度楽になったみたいで、最近はずっとこれですね。

蝶々結びに代わって「イアンノット」「イアン結び」というもっと簡単でほどけにくい結び方もあるようですね。
それにしたとしてもまだ結んだ紐が長い状態なので、収納するか、もう1回結ぶとかしないとダメですが・・・

みなさんどうしてるんだろ?
今は結ばなくても良い靴紐もあるらしいので、そもそもギャルスニに付属の紐を使用してないとか?

ウチはこんな結び方してますよ!とかありましたら是非教えてくださーい(^^)/